スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DG自分とこの楽屋裏

応募からシナリオ完成までと、ぷらすモーリス語りでお送りします。
後半モーリスシナリオのネタバレあり・長いよ!

まずは完成までのお話。

企画発案された当初、応募しようと考えてたのはうちの主人公のレッドか、サブキャラのディアナでした。
シナリオもこんな感じになるんじゃなかろうか? とまで実は考えてたくらい。

それが覆ったのが、応募の際に公開された体験版をプレイして。
これ設定とか、ものすごくおっさんにぴったりじゃねぇか! 
と、その場で脳内で、公開された分にほとんど近いシナリオが完成しちゃったという。
応募はおっさんと、もう一人サブキャラの女性でデイジーという魔女さんでさせていただいてました。
ちなみに余談ですが、DG攻略キャラのソルシエさんがうちのデイジーだったらこんな感じのシナリオー、と思っていたものに大変近くてびっくりしてました! キャラも近いし、何だか不思議な感動……!
いつかこらぼしたい(ボソ)

おっさんキャラって需要ある……のか? いやでもシナリオ・設定は結構自信あるぞ! いやしかしもっと優れた人がいるかも……
などと、選考中は大変そわそわしておりました。
そして決まったよ! のシルエット発表で、
「え? あれ? これ?」
デザインがシンプルすぎてシルエットで分かりづらかったというw
ご近所さんの他キャラは結構分かったのにな!
自分や! と確信したのはDGヨロシクメールを、ぽかぽんさんから頂いた時でした。
ま じ で !! と超喜んでました。

ちなみにおっさんの名前について。
応募する時に名前ないとダメだった(当然)ので、とりあえずのお名前をあげました。
本名名乗らせてもよかったのですが、それは色々とおっさんらしくなかったので。

シナリオについては脳内でほとんど完成していたので、あとはぽかさんと微調整しながら書かせていただきました。
ちなみに初期版をテストプレイされた方は気付いたかもしれませんが、3日目に急遽パンツイベントを入れてもらいました(爆)
完成間際にあかんだろ、と思いつつ快く取り入れて下さったぽかぽんさんに超感謝!
ちなみに体力が高すぎて高感度が下がるのは、おそらくゲーム内でここだけじゃなかろうか。


この次はモーリスシナリオの色々お話と、モーリス視点だとこんな感じだったんじゃないの?
な補完のお話。ネタバレだよ。


------------------------------------------------------------------------------


・1日目

もしかして、ガディ子もしくはガディ男が一人のキャラと仲良くしている間、他のキャラ達は同じ8日間を繰り返してたんじゃないかな? という仮説が、後からもやんと出てきました。
帰ったキャラ以外の街の住人全員(ガディ含む)が、1日目に戻ると8日間の記憶がリセットされるとか?
この辺きちんと確認していなかったので何ともいえんですが、モーリスは8日間が繰り返されている事に気付き始めた頃にガディと会ったと思われます。
シナリオ書いた時点では路地裏でしているのは「記憶探し」としていましたが、前の8日目に何か目印的なものを作っておいたが、無くなっているし自分も忘れている。というと、何かしっくりします。

まぁなんだかんだで、初対面ガディ子に不審者扱いされますw
呼ばれてやって来たのがライ様だったらおいしすvv


・2日目

エロ本探しなう(嘘)
この日は前日にこっそり書いた落書きを探してました。
一つではなく、街の色んなところにちょこちょこと。
全部結構目立たない場所に書いたつもりなのに、跡形なく消えていて、???となるモーリス。
ガディ子と別れた後、また夜中にこっそり書いて、消す人がいないか見張ってました。


・3日目

その日は結局落書きは消されず、おっさんがちょい寝不足なだけ。
街外れで昼寝でもするかと通りかかったところに、木登りガディ子。
良い角度からパンツを堪能、だけではなくて、ガディ子の裏太ももに昨日自分が書いた落書きとそっくり同じ文字と絵が。
何か妙だと思いつつも、聞かずにスルー。
迷子探しの後、ガディ子の身辺調査に乗り出し始める。

っていうね、街に何かしたらガディ子もしくはガディ男に影響が出るんじゃないかと、またしても勝手仮説。
広場に堂々と落書きしてたら、きっと顔辺りが大変なことになってる、とか。


・4日目

おっさん意外と強いんだよー。
多分ルスト様と渡り合える。最終的に逃げるけどね。スタコラサッサ。
ガディ子についてはっきりした事が分かるまで、ガディ子に会うつもりはなかったのに、ちょっとピンチじゃん! と反射的に助けちゃう。
ともあれ、その場をさっさと離れたはいいけれど、肝心の手帳を忘れちゃったよあーあ。
あちこち探し回ったうえに、ガディ子に渡されたって聞いて、どないしよ! って半分パニックになってました。
ガディ子の家も必死で探しまわったそうな。


・5日目

怒ると怖いおっさん。多分本性はこっち。
皆さんにはいい感じに怖がってもらえたようでよかった!
勢いとしてはコンクリに詰めて海に沈めに行くよ! くらいな。こわっ!
そりゃね、ノーマルオフ友にオタクブログ見られるような気持ちだよ。
というのはまぁ例えとして、モーリスは自分の手の内とか心中ばれるのがものすごく嫌なんで。
どこまで見たかじゃなくて、もう手帳持ってかれて弱み握られたようなのが、もういてもたってもいられなかったんだって。
手帳を取り返した後、冷静になってから怒った自分に凹んだそうな。

ちなみに、手帳忘れなかった場合の5日目(攻略失敗ルート)では、普通に甘味食ってます。
ガディ子の何かに気付きながらも、この街から出る手掛かりにはならないだろうと調査打ち切り。
そうして次の8日間に入るのを待つんだろうなぁ。


・6日目

どのルートでも湖の側で寝てます。
失敗ルートはマジ寝、嘘言われたルートは顔合わせづらくて狸寝入りしてます。
デートルートで、おっさんようやくガディ子に心許してます。
手帳に書かれていた事やレーナの事をじっくり話したのも、実はガディ子が初めて。
色々核心ついた事聞いてみたかったけど、本編ネタバレの関係で(ぇ)身辺関係とかガディ子が分かる事だけ聞いてみようと思ったけれど、本人は分からずだった様子。

この時点で、薄々ガディ子がこの街の根源とかそんな感じの存在なんじゃないか? とおっさん気付いてます。
でも街に何が起こっているかはまだ分からず、二人とも1日目に戻って今までの事を忘れるかもしれないな、くらいに思ってます。

ちなみに、四葉をもらう時から嬢ちゃん⇒ガディに名前呼びがこっそり変わってるのに、どれくらいの人が気付いただろうか。


・7日目

地震があったり、ガディ子が何か様子おかしかったりと気になる様子。
後を追ってみたら妙な怪物がいるじゃないか! とびっくり。
日数的にも、怪物がガディ子をどうにかしようとして、また1日目に戻るんじゃないか、次の日にガディ子を助けたら何か変わるんじゃないか、と憶測してます。


・8日目

全部終われば、お前はどうなる?
ガディに聞きたかったけれど、聞けなくてごまかした。

ガディ子のやるべきこと=怪物に会う事、というのはモーリスもピンときた様子。
今度は俺もお前を助ける、の言葉を即実行、ガディ子の後を昨日に引き続き尾行しました。
怪物を倒すことで、街が、ガディ子がいなくなってしまう。
消えそうになるガディ子を見て、ずっと昔に似たような事が、同じような思いをした事をほんのり思いだしたモーリス。
「……世界がお前を否定しても、俺はお前の存在を叫び続けてやるから。
 だから、自分があってはならない存在だなんて言わないでくれ……」
最初から絶対に、このセリフだけは言わせようと決めていました。
この言葉、本人は覚えてはいないですが、昔レーナに自分が言った言葉でした。

本当に信頼できる人にしか教えない自分の名前をガディ子に伝えて、またね、と別れる。


・EDその後の妄想

元の世界に戻ってから、ガディと出会った事を覚えてはいないけど、それが実際にあった事と認識しているのは恐らく全シナリオでおっさんのみ? と解釈してます。
だとしたら、ものすごく役得!
一人くらいは、そういう人いても良いよね。
ちなみに、DGのおよそ半年~1年後くらいがLM時間軸になります。

それから、どれくらい先になるか分からないけれど、ガディと例のあの子がいつか他の世界とコンタクト取れる手段を見つけて、出会ったみんなに会いに行けたら素敵だよね! と勝手妄想してました。


コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。