スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

描き方工程

寄ってらっしゃい見てらっしゃい!
何となく上手っぽく見える気がする、朝比奈の描き方工程だよー。

ということで、島団さんから頂いたお絵かき工程バトン続きよりー。
長いし画像が多いよ!


お絵かき工程バトン!

設定資料にも使えそうな絵を描くぞ!というスタンスで、レッドの立ち絵を急遽描いてみました。
作成ツールは全てSAIで行っております。
ペン改造とかややこしい事はしておりませんので、初心者にも優しい!

●下書きを公開して下さい

まずはラフから、こんな感じー、とイメージのままを描きなぐります。
イメージが出来上がるまでに時間がかかることもしばしば。
工程1

大体ピンク色を使用します。

ラフが出来たら、次は線画を取っていきます。
工程2

まだまだ線が適当な部分が多いので、余分な線を消してすっきりさせます。
実はここが一番面倒くさくて、時々挫折してたり。
工程3

頑張りました。
足に遠近感が出ましたね。
今までこのポーズをすると、ずっと足元に違和感があったのですが、
遠近感が無かったせいだとこの時初めて気づいたのよ。

これで線画が完成です。
ここまで来たら、次は楽しい着色が待っていますvv

ちなみに線画のレイヤーもぺたり。

レイヤー1

複数レイヤーに分けて線画を作った方が、後々修正とかしやすいのですよ。


●着色の工程

早速色を乗せたいところですが、まず一準備。
工程4

べちゃっと灰色(暗いめ)で塗りつぶします。
こうすると塗り残しの有無と、レイヤーのクリッピングが楽にできるのです。
クリッピングについてはまた後ほど。

この灰色レイヤー(私は下地と呼んでます)の上に、肌色やら髪色などを乗っけていきます。
まずは肌色から。範囲選択してバケツで色を流し込みます。
工程5

選択範囲が外にもはみ出していますが、ここからがSAIの便利な機能クリッピングの出番。
レイヤーの上の方に、「下のレイヤーでクリッピング」という項目があるので、
肌レイヤーを選択している状態でチェックを入れます。

レイヤー2

着色全部終わってるレイヤー図ですが、下地以外に赤いラインがレイヤーの左に付いています。
これがクリッピングされている状態です。
この状態でバケツで選択範囲内に色を流し込むと……
工程6

こんな感じで下地の外に色がはみ出さないのです。
面倒くさがり屋な私にはとってもありがたい機能ですvv
肌は色でも一番下のレイヤーなので、はみ出しは全く気にしません。
その他の部分は多少気にしましょう。
工程7
工程8

こんな感じのはみ出した部分は、徹底的に目立たないように消していきます。

で、基本の着色完成ー。
工程9

レイヤーの順番は下から、
肌→服1(シャツ及びインナー)→服2(上着やズボン)→服3(装飾類)→髪
の順になります。
服着せていく感じで塗ればいいと思います。
あと隣接する部分を同じレイヤーにしないように気をつけます。
修正する時、うっかり消したら大変です。
目は服のレイヤーをお借りして塗っています。

ここから影の付け方で、アニメ塗りと気合塗りを分けます。
今回は気合塗りの方でご紹介。

さて、影付けです。
工程10

まずは肌から。
肌のすぐ上にレイヤーを作り、合成モードを「乗算」にします。
合成モードも、レイヤー部分の上にあります。
ぼやーんとオレンジ色っぽいのをエアブラシペンで付けていきます。
工程11

分かりづらいかもしれませんが、もひとつレイヤーを「乗算」で上に作って濃い影を乗せました。
髪のすぐ下や、鎖骨などに色を乗っけています。
工程12

手の甲……の描き方がイマイチ掴めない。

次は髪の毛の影。
工程13

「Ctrl」キーを押しながらレイヤー(サムネイル部分)をクリックすると簡単に範囲選択できるので利用ー。
髪のレイヤーで範囲を取ります。
これで余計な部分に影が出ていきません!
肌の時と同じく、髪影レイヤーを髪の上に乗算で作り、色を乗せます。
ほとんど影の色になってますが、ここから消しゴムで調整していきます。

工程14

色がちょっと濃い気がしたので、上のフィルタ→色相・彩度で調整しました。
工程15

もうひとつ髪影レイヤーを乗算で作り、濃い影を乗せます。
仕上げにエアブラシで境界をぼかし、後頭部を暗くさせて完成!
ハイライトは仕上げで乗っけます。

目です。
この作業が一番好きです。魂入りまーすって感じでw
工程16

服3と髪の間に影1レイヤー(乗算)を作って白眼影を、その上に影2レイヤー(乗算)を作って瞳に影を付けます。
工程17

黒目の一番濃いところを描きます。
この黒い部分は線画レイヤーで描き足しました。
いつも先に描いているのに、何で今回は後回しにしたのか謎。
工程18

もうひとつ上に影3レイヤー(乗算)を作って、更に影を描き込みます。
いつもの目らしくなってきましたよ。
工程19

新しくハイライト用のレイヤーを作ります。
ハイライトが入って、おめめ完成です。
ハイライトの位置は朝比奈の場合、瞳の左下に配置しています。

工程20

服の影です。
こっちも範囲選択後フィーリングで影をエアスプレーで乗っけていきます。
レイヤーは目で使った影1レイヤーを使用しています。
光が左側からのイメージなので、右から右下方面が影になるように意識意識。
工程21

影2レイヤーに濃い影を筆で描き込みます。
線画の時に描いておいたシワに影を落とすのがほとんどです。
それっぽく見えるように、境界を少しエアスプレーでぼかしています。

工程22

袖の装飾の石部分。
中央と右下部分に少し影を描き込みます。
工程23

更に上の影レイヤーを使って、エアスプレーでぼんやり影を入れます。
石類はちょっと別の色を入れると奇麗に見えるので、紫系で仕上げました。
工程24

ハイライトが入りました。
入れ方はお好みで、奇麗に見えるように。

工程25

大体最後に回すので、うっかり忘れがちな髪のハイライト。
今回は覚えてます大丈夫ですよ。
ブラシでぼやんと色をつけます。
色は真っ白ではなく、髪色に近い色をほんの少し足しています。
工程26

消しゴムでハイライトの不要部分(ぼんやりした上の部分)を削って
すっきりさせました。
あともう一つハイライトレイヤーを作って、髪にハイライトの筋をうっすら付けます。
工程27

ズボンも仕上げにハイライトを入れます。
ちょっと緑を入れてあげると、ジーンズっぽく仕上がった!

これで完成!

レッド立ち絵


●苦手な工程

線画が……
しかし皆さん苦労なさっているようなので、何か安心した。
とりあえず等身とれるようになってきたのと、イッパツで左右反転しても
違和感なく描けるようになったのはものすごい成果だと思う。


●得意な工程は?

色塗り(下地)
べたーっと色を置くだけラクチンvv
って、これじゃ駄目ですよね。
おめめ描くの好きです。


●今後の課題

いろんなポーズをいろんな角度から描けるようにしたいですねー。
あと人物観察とデッサンで、いろんなタイプの絵を描けるようにしたいです。
そして鳥・獣・海洋生物などなど人外の生物も。
うーん、課題山積み。


●工程を見せて欲しい5人

ほとんど出回っているのでフリー。
ですが、アニメ塗り得意な方のアニメ塗りと、厚塗り得意な方の厚塗り方法を知りたいので、
コソッとリクエストしておきます。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。